停滞期の乗り越え方 チートデイの活用で停滞期から脱出!

体重が減らない! 停滞期になる理由

niku停滞期というのは、ダイエットをちゃんと行なっているのに体重が減らなくなる時期のことです。

なぜちゃんとダイエットをしていても体重が減らなくなるのかと言うと痩せる食事回数と同じ理由で、栄養の摂取が少ない状態が続くことで、体が節約状態になってしまい栄養を蓄えようとするため停滞期になります。


なぜ停滞期になるのか?

体が節約状態になり栄養を蓄えるようになる理由は、人間の恒常性・ホメオスタシスという機能が働くからです。ホメオスタシスとは生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指します。

ホメオスタシスをよりイメージし易い内容で説明すると、遭難した方が何日間もわずかな水や食料で生き延びる事例がありますがこれはホメオスタシスの効果です。ホメオスタシスの効果で、体が節約状態になり体が使う栄養を制限した結果です。

ホメオスタシスは、急激に体重を減らすことで働きます。どのくらい減らすとホメオスタシスが働くかは個人差がありますが、一般的には体重の5%程度を1ヵ月に減らすと停滞期になるといわれています。


停滞期の期間とリバウンド

停滞期の期間は個人差がありますが、長い場合2ヵ月~3ヵ月続くそうです。長く続く場合モチベーションを維持することができず、ダイエットを辞めてしまう人も多いです。

停滞期にダイエットを辞めた場合、リバウンドする可能性が高いです。少ない栄養を蓄える体質になっているので、通常の食事に戻すと体に栄養を蓄えすぎてしまい体重増加・体脂肪増加になってしまいます。


停滞期を脱出する方法

乗り越え方は、2つあります。
・そのままのダイエットを続ける。
・チートデイを活用する。


そのままのダイエットを続ける

停滞期はいつか終わりが来ます。停滞期を脱出するひとつの方法としては、耐え忍ぶことです。


チートデイを活用する

こちらの方法は一般的なダイエットサイトではほとんど記載されているのを見たことがありません。著者は効果を実感しているので是非オススメです。本格的にトレーニングされている方にとっては一般的な方法です。

チートデイとはカロリーを多く摂取するために、いっぱい食べることです。いっぱい食べると太ると思った方・・・

正解です!

太りますが、1食 or 1日ぐらいの過食は停滞期になるぐらいしっかりダイエットをしている人には問題ありません。

チートデイで停滞期を乗り越えられる理由は、一定期間に 一食~三食 好きなものを好きなだけ食べることで、体は栄養がいっぱい入るので節約する必要がないと思うため、停滞期を脱出できます。

停滞期の脱出方法として記載しましたがオススメは停滞期になる前から実践することで、そもそも停滞期になるのを防ぎましょう。

チートデイをどれくらいの頻度で行なうかは下記を参考にしてください。
体脂肪率 男性 25%以上 女性 35%以上  チートデイ必要なし
体脂肪率 男性 20%以上 女性 30%以上  15日に1回
体脂肪率 男性 15%以上 女性 25%以上  10日に1回
体脂肪率 男性 10%以上 女性 20%以上  7日に1回
を目安にやってみたらいかがでしょうか


チートデイの注意事項
・カロリー制限ができていない人は行なわない。
・中途半端に行なわない。


カロリー制限ができていない人は行なわない。
というのは停滞期だと思っている人の中には、摂取カロリーが多すぎて体重が減っていない可能性があるので注意が必要です。

中途半端に行なわない。
というのはケーキ1個食べるなど中途半端に行なうとただ太るだけで、停滞期の脱出・防止効果が得られないからです。


まとめ
・停滞期になる理由は、体の機能で節約モードになるため
・体重の5%を1ヵ月に減らすとなると言われている
・停滞期の脱出、防止にはチートデイが有効
・チートデイとは、カロリーを多く摂る日を作ること

ダイエットを正しく学ぼう!成功のための知識はこちら

絶対に痩せる方法! 真剣にダイエットに取組む方へ
ダイエットの基本 消費カロリーと摂取カロリー
ダイエットを成功に導く秘訣! 目標の重要性
ダイエット運動の必要性 食事制限だけだとリバウンド体質に!
痩せるためのダイエット食事内容




サブコンテンツ

このページの先頭へ